環境方針

制定2002年1月11日 改定2018年7月1日



1. 基本理念

    且O浦工業所は、金属を熱間鍛造し車両部品を製造しており、電力エネルギー  
    を多く消費している。
    環境問題が地球的規模の広がりを持ち、次世代にも及ぶ長期的な問題と認識し、
    環境マネジメントシステムの継続的改善をはかり、企業活の面で、従業員一人
    ひとりが環境保全の向上をめざして、持続可能な社会の
    一員として、住み良い地域社会づくりに積極的に取り組み、貢献していくこと
    に努める。
    
     

2. 基本方針

   (1)当社は、企業活動によって、生物多様性及び、生態系の保護も含めた環境
      に与える影響を正しく認識し、環境目標を定めて、全員で継続的 な改善と
      汚染の予防に取組む。
      

   (2) 環境に関する法律・規制・協定及び当社が同意する外部からの要求事項を遵
       守し、当社がおかれている環境も考慮し、環境レベルの向上を図る。
      
      
   (3)企業活動において

      @ ライフサイクルを考慮し省資源化を図った製品の製造を推進し社会に貢献する。

      A 電力、上水、化石燃料の削減による省資源を推進する。

      B 廃棄物の削減を推進する

   (4) 全従業員に対し環境方針の周知徹底に努め環境保全に対して個々の意識向上を図る。
      
   (5)本環境方針を文書化し、公開する。


平成 30年 7月 1日

且O浦工業所

代表取締役会長

三 浦  正 博

トップ 会社沿革 会社概要 設備概要 製品紹介 全社方針 リンク